最新記事

死亡した人の遺したものは、基本的には全て相続税の課税対象となるのですが、中にはそうならないものも幾つかあります。
その代表的なものは、例えばお墓や仏壇などがあげられます。
これらはお金に換算でき、それなりの価値があるものと考えることができる一方、人の魂が眠るものなので、お金に換算できないという考え方をすることもできます。
法律上は後者の考え方を尊重し、どんな立派なものであっても相続税の対象にならないとされているのです。
相続した財産を寄付した場合にも相続税はかからないという決まりになっています。
国や各自治体や公益法人に寄付をした場合は相続税がかからないのです。
他にも生命保険金や死亡退職金も一部にしか相続税の課税対象とはならないので、逆を言えばそれらの一部は非課税対象となると言えます。

交通事故 相談
個人で対応して大損になったケースがあります。

大阪の税理士事務所と言えばフォークライアン
税理士報酬に関するご質問は当事務所まで

会社分割
企業は再生出来る!!

借金相談
一人で抱え込まないで、ご相談下さい!無料相談承ります。

関連記事

  • 相続税を払わなければならないとなったら、気になるのが控除の存在ですよね。
    これを利用してできる …

    続きはこちら

  • 相続税の問題は個人では解決出来ません。
    相続をする方がいいのか、それとも放棄をした方がいいのか …

    続きはこちら

  • 日本国民は消費税や所得税をはじめ、様々な税金を払っています。
    相続税もそのうちの1つです。

    続きはこちら